デートで手をつなぐタイミングを計るための便利すぎるセリフとは?

手をつなぐ

どうも、ミハラです。

 

今日はデートでさりげなく
手をつなぐタイミングの話
です。

 

「いつ手をつないだらいいんだ!?」という

問題を抱えている男の人って結構多いんですよね。

本気で好きになった女性の体に触るということに
緊張と抵抗を感じるのは分かりますが、

『女性からアプローチされて手をつなぐことを待っている、、、。』

これでは永遠に手をつなげません。

女性と手をつなぐ“夢”を見ている場合ではないということです。

 

はい。

とりあえずデートでの初スキンシップは
【手】である
可能性が高いはずです。

 

だから、まずは【手】です。
スキンシップは【手】から。

 

デートでいきなりオッパイをもんでしまいたい気持ちは分かりますが、
そこは本能を黙らせ、グッと堪えてもらうとして、笑

 

まずは【手をつなぐこと】から攻める方向でいきましょう。

 

本題に入るその前に、、、
  • ぶっちゃけ苦手
  • いざという段階になるとメールや電話を無視される
  • 女から「男として」相手にされない
    (いい人どまり)

※以上に当てはまる ”恋愛初心者” だと思う場合は、必ずこのレポートだけは読んでおいてください。

画像をクリックすると案内ページに移動します

 

【1】デートで手をつなぐタイミングを作るための前準備

初デートからスキンシップしていくために
必要な要素はいくつかありますが、

まずはこの記事を読んでおいてもらえると
今日の内容がスッと入ってくると思います。

→【初デートで99%失敗しない店の選び方3選

 

初デートはまず食事に行くことがほとんどだと思うんですね。
気をつけてほしいのは食事をする時、

 

女性と対面の位置に座ることになる
席を選ばないこと。

 

【メシを食うときは隣り合わせ席に座れるところにしよう。】
(L字に座るでもオッケー) 

 

ということです。

 

これはすごく大切で人間って
相手の真正面に座ると緊張してしまうんですね。

面接の時や会議の時などを思い出してもらえるといいのですが、
人が正面にいるとなんだか気まずいですよね?

 

例えば、こんな実験があったそうです。

テーブルの角にひとりずつ座らせて、
自由に話をさせた場合、、、

デートで座る席

デートではL字型で座る

角に位置する2人の会話量は、

 

【距離が離れた真正面に座る】パターンの2倍会話量になり

【距離が近い真正面に座る】パターンの6倍にもなるそうです。

つまり・・・

近い距離で正面を向き合って

話すのは最悪で、、、

できるだけ斜めにor隣合わせ座ること

大切だということになるわけです。

 

「いやいや、別にオレは真正面でも気まずくないぜ!」
とあなたは思うかもしてないですが、

 

「いやいや、真正面だと女性の方が気まずいんだぜ。」

という答えを最初にいっておこうと思います。

 

 

誰が気まずいって女性気まずいんですね。

もちろん対面だとお互い気まずいわけですから
変な空気感がその場を支配することになります。

 

目の前に好きな女性がいるのにうまくいかない。
なんとも言えない、そしてとても絶えられないあのナゾの空気感…。

 

 

・・・

 

 

はい。あまり思い出したくないので
先に進もうと思います(苦笑)

 

ザックリですが、これが前の記事で話したことです。
この前提があっての今日の話になります。
だから、軽く読んでもらたかったんですね。

 

 

で、当たり前なのですが、手をつなぐにはある程度
相手と心の距離をなくしておかないといけません。

 

女性の陰部を触りたい衝動に駆られる心境は
痛いほどわかるのですが、
まずは警戒心を解いてあげないといけません。

 

こういう事前アプローチがあって初めて
女性が手をつなぐ心の準備ができるんです。

さて、ここからが本題です。

 

 

【2】デートで手をつなぐためのGOODなタイミングを作れる“ある1つのセリフ”とは?

あるセリフを皮切りに手をつなぐアプローチに移行していきます。

 

なるべく怪しくないようにさりげなく、かつ大胆に攻めないといけません。
伝わりやすく、しかし警戒心をなるべく与えないセリフがあります。

 

それは、、、

 

 

 

「いつもどうやって手を繋いでるの?」

 

これです。

 

これだけでは「んん?」となりますよね。
オッケーです。

 

これってどういうことかというと、

話の流れから「いつもどうやって手をつないでいるか」
という話題に持っていくんですね。

なので、「手」に関する話に誘導していきます。

 

で、「いつもどうやって手をつないでるの?」
と言ってこちらが手をスッと出します。
(ジェスチャーは手をつなぐことを催促するような感じになります)

 

もちろんこちらはギンギンに手をつなぎたいわけですが、
それは態度に出してはいけません。表向きのボクの態度は、

 

ん?なに?どうやって繋いでいるかを聞いているだけだよ。
口で説明するよりも、とりあえず手を出せば解決するじゃないか。

確認だよ。確認。

ほら、手出して。なにを警戒している?大丈夫だよ。オレはいつもトイレに
行ったら手は洗う派だから。キレイだって。

あれ?もしかして君は手洗わない派なの?だから無理なの?
そうか。いつも手を洗わない派か。 

そうかそうか。

 

的な態度で向かいます。
そうすると手を出してきてくれる可能性が高いです。

※これはマインドの話です。くれぐれも口に出さないようにしてください(笑)

後から気づいたのですが、
これダブルバインドという心理テクニックも入っているみたいですね。

 

なんだかテクニックチックであまり好きじゃないですが、
カンタンにいうと【どっちを選んでもこちらの都合の
いい方を選ばせるようにアプローチする】のがダブルバインドです。

 

ここでは

「いつもどうやって手をつないでるの?」

と言っていますよね。

 

※このセリフ自体がすでに“手をつなぐことが
前提になっている”のが分かりますか?

 

ただの「手をつなごう」というオファーだと、

 

YES→繋ぐ
NO→繋がない

 

という選択肢が出てきてしまって
女性は断れるんですね。

 

確実な手をつなぐタイミングを作るには
「いつもどうやって手を繋いでるの?」と言ってこちらが手を出す。

そうすると

女性は(元カレとかと)どうやって繋いでいたかを考え始めます。
「えーと、どうやって?右だっけな?左だっけな?」とかね。

人間って質問されるとつい考えてしまう生き物なんです。

 

こうなればもう大丈夫。

 

相手があーだこーだ考えはじめた段階で
手をつなぐことはもう決定事項になってしまいます。

 

だから、スムーズにいくわけです。

 

 もし 失敗して相手が手をつないでくれなくても
「ヘー。なるほどね」とか「大丈夫だよ。おれトイレ行ったら手洗う派だから(笑)」
などと言って、はぐらかしておけば大抵大丈夫です。

 

なので、

 

ステップ1 ある程度関係を温める(食事席を気をつける)

ステップ2 話を【手をつなぐ】方向にもっていく

ステップ3 「いつもどうやって手をつないでるの?」と聞き、スッと手を出してみる。

 

これをやってみてください。

 

あ、そうそう。

「どうやって手をつないでるの?」というのは

 

コレです。

 

手をつなぐ

手のつなぎ方の種類

 

 

「どれやねん?」という話です。

 

 

これだけたくさんあるんです。

どうやって手をつないでいるかを
聞いてみたらオモシロいじゃないですか。

ユニークを交えてオファーするというのがコツになります。

 

もちろん口で「こうだよ」と言えば全然済む話なんですよ。
でも、こういうアプローチをするのは、裏を返せば、

 

ここで女性がスッと手を出してきてくれれば
かなり脈ありという確認もできます。
そうなればいい感じに関係が温まってきていると判断していいと思います。

 

というわけで、デートで手をつなぎたい時は
この作戦でいけば大丈夫です。

 

ぜひ試してみてください。

 

では、今日はこの辺で。
最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

NEWS!
【裏】女性プロファイリングラボ
開設のお知らせ!

こんなハデに告知しておいてなんですが、
秘密裏に【裏】女性プロファイリングラボ開設しました。

その名も【ザ・ブラックプロファイリングラボ】

登録すると、無料とは思えない
ブラックかつシークレットな内容のメールが
毎日届くことになります。

毎回目が離せないのですが、
特に2日目に届く
【メス×貞操観念=殺人?】と、

4日目に届く
【7+1の“ド”基本】の話だけは、
永久保存版として残しておいてください...。

「え?忙しい?」

オッケーです。

では、せめて案内ページに書いてある
【90%の人が誤解してきた恋愛の大盲点】だけは
チェックしておくことを強くオススメします。

下の画像をクリックすると、案内ページに移動します
本能3

※18歳未満や女性の方の登録はご遠慮ください。

※一定期間公開後、リンクごと削除し二度と登録できなくなるので
興味がある場合はお早めにご登録ください。

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>