恋愛心理学

女性が一目惚れしにくいたった1つの本能的な理由

投稿日:2015年9月19日 更新日:

うも、ミハラです。

 

『あなたはセックスが好きですか?』

 

って聞かれたらどう答えます?

 

「どうって言われても、、、」

「いきなりすぎるだろ、、、」

と思わずにちょっとだけ考えてみてください。

 

なんだかいい加減な質問に聞こえるかもしれないですが、

これけっこう大切な質問なんですね。

 

・・・

 

考えました?

じゃあ、考えてもらえたとしましょう。

 

恐らくよほど特別な理由でもないかぎり

ほとんどの男性が二つ返事で「YES!」だと思います。

(「セックス嫌いです!」って人は

このブログ読まない方がいいかもしれない(苦笑))

 

 

じゃあ、逆に女性はどうか?

 

あなたの女友達でも誰でもいいのですが、

今ボクがあなたにした同じ質問を

女性にしたらどうなると思います?

 

女性に「あなたはセックスが好きですか?」

と聞いて「YES!」と返ってくる…

 

・・・

 

とはさすがに思えないですよね(苦笑)

 

その通りです。

 

では、「それはなぜか?」

と聞かれたらどうでしょう。

 

はい。

ここが今日の話のキモになってきます。

 

分かる人はいいのですが、

(※そういう方はこの記事は読まなくてオッケー。)

 

もし分からない人がいたらそれは、

「女性を知らなすぎる」

と言われても仕方ないかもしれないです。

 

でも、

大丈夫。

 

今日は

女性一目惚れしにくい

たったつの本能的な理由

についてです。

 

この話を理解することで、

まずは男と女の本能的な

セックスへの価値観の違い

を知ってもらいます。

 

 

「女性がどういう脳の仕組みで

オスであるボクらを判断しているか?」

ってことですね。

 

 

今日は基礎知識編といったところでしょうかね。

では、さっそく本題に入っていきます。

 

本題に入るその前に、、、
  • ぶっちゃけ苦手
  • いざという段階になるとメールや電話を無視される
  • 女から「男として」相手にされない
    (いい人どまり)

※以上に当てはまる ”恋愛初心者” だと思う場合は、必ずこのレポートだけは読んでおいてください。

画像をクリックすると案内ページに移動します

 

 

必ず知っておきたい!男と女の本能的ルール

rules

男と女には本能的&生物学的なルールがあります。

 

男は「セックス」のためなら色んなモノを犠牲にできます。

 

もし今目の前にあなたの

大好きな女優(アイドル)が現れて

 

sex

 

「今から1時間だけ

私を好きにしていいよ」

 

「その代わりそのあと3日間

睡眠とっちゃダメ。どっちにする?」

 

 

って言われたらどうします??

 

そんなうれしい事件(?)が起こったら

ほとんどの男がセックスをとるはずです。

少なくともボクは寝ない方を選びますよ、絶対に。

 

あなたはどっちでしょうか?

 

・・・

 

相手がいい女になればなるほど、大抵の男は

人間の三大欲求である睡眠を犠牲にしても

性欲をセレクトするはずです。

 

そのドえらいパワーを持った「セックス」ですが、

男と女とでは大きな違いがあります。

 

実はこの違いがわかれば

あなたは簡単に「モテる」側に回れます。

男と女のセックスの違い…なんだかわかりますか?

 

 

・・・

 

 

大きな違い…?

パズル

はい。

 

あまりひっぱってもアレなので答えいうと、

大きな違いとは、

 

【1】男はセックスに「量」を求める。

【2】女はセックスに「質」を求める。

 

この2つです。

「何のことだかわからない…」

と言う人は後で詳しく説明するので

なんとなくイメージしておいてくださいね。

 

例えば、

街でキレイな女性を見かけたとき…

電車で足のキレイな女子高生を見かけたとき…

 

 

ボクら男は瞬間的に、

 

 

 

「ヤリてぇ…」

 

 

 

 

と感じます。

 

いい女なら誰とでもヤりたい。

これが男の本音です。

 

「ボクは違います!

そんなゲスいことは考えてません!」

 

という声も聞こえてきそうですが、

「んなこたぁないはずだ…」

 

それは現代のルールや道徳に縛られているだけです。

 

何のルールや束縛もなかったら、

男は「たくさんの女」とやりたいと思うのが本心です。

 

なぜか?

 

それは男の本能だからです。

DNA(遺伝子)にキッチリ書いてあります。

 

最近でこそ「草食系」やら「絶食系」やら

情けない言葉が流行ってしまっていますが、

 

もうね…男なんだから、もーちょい頑張ろう。

さすがにアプローチしなさすぎ。

合コンとか行くとホントに思う。

 

もっとこっちから攻めないといかんのですよと。

 

だってね、どう考えても

「自分の好きな女性は

死ぬまで向こうからはやってこない」

 

 

だから、このブログでは

女性の深層心理やアプローチ法をシェアし、

 

巷で自分のポテンシャルを使い切れてない

男前予備軍の“男力”を圧倒的に強化しまくり、

 

魅力的な男を創出すること

活動のメインになってるわけです。

 

まあ、それはまた公に言えないこともたくさんあるので

メルマガで内密に語ろうと思います。

 

重要なミッション

ミッション

話を戻しますが、

男の仕事というのは毎朝、疲れた顔で

満員電車にユラユラ揺られながら乗って

会社に行って、夜中にクタクタに帰ってきて

寝ることじゃあないのです。

 

仕事も大切ですが、

もっと大事な男のミッションは

「1つでも多く自分の種を残すこと」です。

 

それが人間が地球の王者になれた理由です。

「自分の遺伝子を残こす…」

それが男の仕事なんです。

 

でも逆に、

女性は「たくさんの遺伝子を残したい…」

街で「いい男」をみたら「ヤリたい」と

思うと思いますか?

 

違いますよね。

 

冒頭の話に戻るのですが、

女性は「たくさんの男」と

セックスしたいとは思いません。

 

それは男と女の

セックスのリスクが全然違うからです。

 

この違いがわかりますか?

 

それは、、、

 

 

今日はこの辺りでキリがいいので

続きは 次回 にしようと思います。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

-恋愛心理学
-, , ,

NEWS!
【裏】女性プロファイリングラボ
開設のお知らせ!

こんなハデに告知しておいてなんですが、
秘密裏に【裏】女性プロファイリングラボ開設しました。

その名も【ザ・ブラックプロファイリングラボ】

登録すると、無料とは思えない
ブラックかつシークレットな内容のメールが
毎日届くことになります。

毎回目が離せないのですが、
特に2日目に届く
【メス×貞操観念=殺人?】と、

4日目に届く
【7+1の“ド”基本】の話だけは、
永久保存版として残しておいてください...。

「え?忙しい?」

オッケーです。

では、せめて案内ページに書いてある
【90%の人が誤解してきた恋愛の大盲点】だけは
チェックしておくことを強くオススメします。

下の画像をクリックすると、案内ページに移動します
本能3

※18歳未満や女性の方の登録はご遠慮ください。

※一定期間公開後、リンクごと削除し二度と登録できなくなるので
興味がある場合はお早めにご登録ください。

関連記事

女は基本エロい?「生理的に無理」という言葉の裏にある意味

どうも、ミハラです。   「私、あなたのこと生理的に無理なんです、、、」   なんて面と向かって言われたことがある人は なかなかいないですよね。 (いたらコメントください。 どうや …

no image

さりげない優しさで女性をベタ惚れさせる方法《1》歩道側を歩かせる

どうも、ミハラです。   今日はさりげない優しさで女性をベタ惚れさせる方法 パート1です。   パート1ということで、これはシリーズ化したいと思っています。 というのも、ボクはこの …

女性は“セックスした男を好きになる”という逆転の理論

女性はセックスをした男を好きになります。その詳細を根拠とともにガッツリ記事に網羅しました。付き合う前にセックスしてしまうことが女性にとっても一番いいアプローチ法だとボクは思う。

気になる女性にタイミングよく連絡先を聞く方法&とっておきのマインド

どうも、ミハラです。   「ああ、あの子の連絡先聞きたいな」 「いつ聞こうかな、そろそろ飲み会も終わりの時間だ…。」   と好きな女性にどのタイミングで連絡先を聞くのが …

女性が本気で好きになる男の特徴《1》女性との距離感の塩梅が絶妙

どうも、ミハラです。   「私と仕事どっちが大事なの?」   なんて直接聞いてくる女性はなかなかいないと思いますが、 この質問は女性があなたがヘタレじゃないかを試すためゲームだった …


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

姑息でズルいけど
さりげなくモテる無料Web講座
姑息でズルいけど
さりげなくモテる無料Web講座