恋愛心理学

女性の『誠実な人が好き』は嘘?誠実さとセックスとリスクの関係性

投稿日:2015年8月2日 更新日:

 うも、ミハラです。

 

女性の「誠実な人が好き」

 

は嘘って知ってました?

 

誠実であればあるほど、男はモテないという事実を
知っておいて欲しいと思い、今こうして筆をとっている
わけです、、、。

 

 

が、

 

 

これからお話するのは一般的な【誠実】とはちょっと

違う角度からの内容になります。

 

これさえ知っておけば
上っ面でしかモテない、女を女とも思わない
“にわかモテ男やだだのヤリチン”
とは一線を画す真の男になれます。

 

しかし、
巷で言われている【誠実な人が好き】という概念。

これは女性にとっては少し味気ないということ
をわかっておかないといけません。

ワガママな話なのですが、恋愛のおいては
ただ誠実なだけではどうしても、
女性は飽きてしまうんですね。

 

ボクが思う誠実というのは一言でいうと、

“言っていること”と“やってること”

が一致している人間のことです。

 

これをベースに今日の話は進みます。

 

さてさて、「誠実とはこういうことなんだ!」なんて話
堅苦しく聞いてほしくもないので、リラックスして聞いてもらえるとうれしいです。

 

カンタンにいうと、

従来の誠実さ→バカ正直な男、ギャップがなくてつまらない男

ミハラ的誠実さ→言ってることとやってることが一致している男

こんな感じです。

 

これってなにが決定的に違うのかというと、
『リスクを取ってるかどうか』です。

 

『リスク』

この話はいたるところでしているのですが、

これが男にとって大切な概念になるんですね。

 

『誠実な人が好き』をバカ正直に信じてはいけない理由

まず「だた誠実でバカ正直な男の場合はどうか?」ということです。

これは「考えてない男」とも言えます。

「なにも考えて行動していない男」は女性からしてもつまらないんですね。

 

例えば、
「サプライズがない」なんていうのは、最たる例で、
サプライズって事前に考えて、こちらから仕掛けるという
準備が必要です。

 

なんの準備もなしにこちらにとって都合のいい
サプライズが起きまくるなんてことがあったら、
なんだか逆に気持ち悪いですよね?(苦笑)

 

そんなことが起これば常に女性は退屈しないと思います。
ついでにあなたも退屈しないこと受け合いなのですが、

あなたもご存知の通り、
生憎そんな都合のいい世の中にはなっていません。

テレビで起こる演出も台本があります。

 

世間で言われている【誠実な人】は
リスクを取っていない男とも言えるわけです。

 

「なにも変わらず、ありのままの自分でいることがいいことのか?」

と言われたらそんなことはないと思います。

あなたもこれには賛同してもらえると思います。
それって成長していないってことですから。

 

2014年は「ありのまま」というのがある種キーワードだったわけですが、

それってある意味危険なわけです。“無”成長ってことですからね。

 

もちろんあなたも「変わらないといけない」「このままではダメだ」

と少なからず思っているはずです。

そうじゃないとこんなブログを

読んでいないはずです。

 

ミハラ的誠実な人=言ってることとやってることが一致している男

じゃあ、「逆にこっちどうなのか?」

“ミハラ的誠実さ”なんて偉そうなことを

言っていますが実をいうとボクはこれ、

 

 

「できていません。」

 

 

「なに!?」「できてないのに偉そうなことを言うな!」

と怒り狂わないで聞いて欲しいのですが、察しのいい人はもしかしたら

気づいているかもしれません。そう。これ実をいうと、

 

「実践するのがそうとう難しい」んです。

もっと正確にいうとやるのが難しいのではなく、

100%実践するのが難しいということになります。

 

言ってることとやってることを一致させるということは

言ったことは100%“やる”ということです。

 

言ったら最後。絶対に実行しないといけません。

 

・・・

 

そんな風に言うと、

なんだか窮屈に思えますか?そうなんです。

誠実って実は100%を考えてしまうとメチャクチャ窮屈なんですね。

 

でも、大切なのは分かりますよね。

これは女性に限らず、仕事でも大切な概念なんです。

 

なぜかというと、

これは男の魅力に直結しているからです。

 

さっき“リスク”という話ができてきましたが、

『言ったら絶対にやらないといけない』

これはリスク以外なにものでもないです。

 

そして、

恋愛はリスクヘッジが全て

ということが言えます。

 

『男が女性の代わりにリスクを取る』

これが最重要です。

 

「でも、ミハラさん、リスクってなんだかイヤです」

と言う声もあると思うので、まずがその心配をなくしておきましょうか。

 

「リスクリスク」って何度も言ってますが、

別に特別大きなことをやれということではないんですね。

 

例えば、

「デートで女性の代わりになにか決めてあげる」というのも

リスクを取る行為です。これはもし失敗したらデートが盛り下がる

可能性があるからです。

 

や、

 

「告白」もそうかもしれません。

「女性の代わりに男から告白する。」

これはもし失敗したら気まずくなってしまうかもしれませんね。

 

わかりやすく言うと、

こういうリスクを取れる男が誠実な人だとも言えます。

 

失敗した時は恥ずかしいかもしれません。

変なデートの場所を選んでしまった時は

申し訳ない気持ちになるかもしれません。

 

しかし、

 

「なんだか店の料理微妙だったね。今度はどこいこうか?」

「あれ?もしかしてオレのこと店を選ぶセンスがないヤツと思ってるでしょ?(笑)」

「大丈夫。次のとっておきのヤツだから(笑)」

 

今書きながら考えたので微妙ですが、

こんな感じでリスクヘッジをしておけばオッケーです。

店が微妙だったのをいいことに
次のデートを取り付けてしまうこともできます(笑)

 

これができればリスクをちょうど良く取り、

しっかり関係を管理することができ

最終的には失敗という概念自体がなくなります。

 

そして、

 

これができる男は女性からの熱い信頼を獲得することができます。

 

女性はあなたから離れなれなくなりますし、

トーゼンのことのように、セックスも獲得できる男になります。

 

というわけで、

あなたに今日からやってほしいことは

【あらゆる場面で女性の代わりにさりげなくリスクを取ること】

 

この1点のみです。

 

これは実際やってもらうとわかるのですが、超強力です

会う女性みんなにやると本当にあなたに
全員惚れてしまうかもしれないぐらい強烈なものになります。

 

逆にいうと、それぐらい女性はリスクを嫌う生き物ということです。

 

試してみてください。

では、また。

 

読んでいただきありがとうございました。

 

 

-恋愛心理学
-,

NEWS!
【裏】女性プロファイリングラボ
開設のお知らせ!

こんなハデに告知しておいてなんですが、
秘密裏に【裏】女性プロファイリングラボ開設しました。

その名も【ザ・ブラックプロファイリングラボ】

登録すると、無料とは思えない
ブラックかつシークレットな内容のメールが
毎日届くことになります。

毎回目が離せないのですが、
特に2日目に届く
【メス×貞操観念=殺人?】と、

4日目に届く
【7+1の“ド”基本】の話だけは、
永久保存版として残しておいてください...。

「え?忙しい?」

オッケーです。

では、せめて案内ページに書いてある
【90%の人が誤解してきた恋愛の大盲点】だけは
チェックしておくことを強くオススメします。

下の画像をクリックすると、案内ページに移動します
本能3

※18歳未満や女性の方の登録はご遠慮ください。

※一定期間公開後、リンクごと削除し二度と登録できなくなるので
興味がある場合はお早めにご登録ください。

関連記事

ホワイトデーのお返しで女性に喜ばれる定番2種類とは?

どうも、ミハラです。   今週末はホワイトデーですね。   男性が女性に対して ただバレンタインのお返しをする というようなイベントなのになぜか   「バレンタインの3倍 …

女性が一目惚れしにくいたった1つの本能的な理由

どうも、ミハラです。   『あなたはセックスが好きですか?』   って聞かれたらどう答えます?   「どうって言われても、、、」 「いきなりすぎるだろ、、、」 と思わずに …

女性が喜ぶ「告白しなくてもさりげなく態度で想いを伝える」美技

どうも、ミハラです。   どのタイミングで告白したらいいんだろう? 相手は自分のことどう思っているんだろう? 脈ありなのか?脈なしなのか?   こんな風に考えて不安になったこと 1 …

女性は“セックスした男を好きになる”という逆転の理論

女性はセックスをした男を好きになります。その詳細を根拠とともにガッツリ記事に網羅しました。付き合う前にセックスしてしまうことが女性にとっても一番いいアプローチ法だとボクは思う。

恋愛をわざわざ学ぶのは恥ずかしいことなのか?

どうも、ミハラです。   今日はいつもとちょっと違うテイストの話をしますね。   プロフィールを読んでいただけたらわかるのですが、 ボクはちょっと昔、女性の気持ちが全くわかりません …


comment

メールアドレスが公開されることはありません。