浮気・復縁

彼女が浮気!?疑う前にやるべき1回で効果が期待出来る防止策とは?

投稿日:2015年6月25日 更新日:

うも、ミハラです。

 

「彼女が浮気してますよ?」

 

って言われたら大抵の男性は心がザワザワするはずです。

他の男とセックスしていることを
想像しようものなら腑が煮えくり返りますよね。

 

浮気って男がするモノみたいに扱われていますが
女性だってします。
そして、隠すのがうまいから男は気づきません。

 

だから「彼女が浮気してますよ?」っていうのは
あながち外れていない可能性だってあるんです。

あなたに隠れて彼女が浮気をしているかもしれないので
心配な人は是非読んでください。

 

ということで、今日は

彼女が浮気!?疑う前にやるべき
“1回で効果が期待出来る”防止策
です

この方法を使ってもらえば
確実に浮気を防止できます。

そして、1回やるだけでも効果大です。
特に日頃から彼女にベタベタしている男性ほど効果がありますよ。

なぜなら人間の行動心理に基づいたアプローチなので
あらがいようがないからなんです。

 

ポイントは
人はだれでも「ないものねだり」だということです。

これを頭の隅っこにでも入れて読んでみてください。

 

 

本題に入るその前に、、、
  • ぶっちゃけ苦手
  • いざという段階になるとメールや電話を無視される
  • 女から「男として」相手にされない
    (いい人どまり)

※以上に当てはまる ”恋愛初心者” だと思う場合は、必ずこのレポートだけは読んでおいてください。

画像をクリックすると案内ページに移動します

 

 

そもそもなぜ彼女が浮気をしてしまうのか?

付き合うまでも大事ですけど
付き合った後に好感を維持するのも超重要ですよね?

せっかく大好きになって付き合った彼女を
他の男には取られたくないはずです。

 

でね、これは意外かもしれないですが、
彼女が浮気をしてしまうのは
実は男性側に責任があったりします。

もちろん例外はありますが、
その可能性が高いです。

 

男と女では浮気のパターンが違います。

ザックリ言うと、
男は体の関係、女は身も心も両方です。
(女の浮気の方がある意味タチが悪いかもしれませんね)

「ちょっと寂しかったから」とか
結婚していても「あの人素敵」とか「部長ちょっと好き」
みたいなところから徐々に心の変化が始まります。

女性は「気持ちを満たしたいから」
という動機で浮気に走ることが多いようです。

要するに「寂しい」んですね。

 

女性の浮気率が上昇中

浮気は男の甲斐性などと、昔は良く言ったもんですが、
最近は女性の浮気率が上昇しているみたいです。

「浮気をした事がありますか?」という質問に、
ハイと答えた女性は、40%→60%に
上昇していたというではありませんか。

 

「マジか(汗)」って感じですよね。

 

現代の女性は生計が自分でたてられる
程の収入を得ている人多いですからね。

男と同じように働き、男性と同じように他人との
接点が多くなっている事がその理由です。

浮気は男の甲斐性なんて、言えない時代になってきているようです。

 

彼女が浮気!?サインを見極めろ!

例えば、「付き合おう」ってなったその後の
彼女の行動をよーく見ておいてくださいね。
(ストーカーにはならないでね 苦笑)

例えばこんなケースがあります。

 

【1】付き合ったけど、彼女からの連絡が急に少なくなる

【2】一応付き合っているが完全に彼女の尻に敷かれてしまっている
(とりあえず男は稼いでくればいいんだ。的な扱いを受けている)

【3】遠距離恋愛(男性側から連絡をとる回数が多い)

 

彼女とこういう関係になってきてしまうと
浮気につながりやすくなってしまいます。

 

【1】はもう女性に別に好きな人がいる可能性や
実はあまり好意がない状態であなたと付き合っている場合が考えられますね。

 

【2】これはちゃんと「男として見られていない」かもしれませんね。

大抵の男性はこういう状態になると思いますが
(どうなんだろう?ボクの周りには少ないのだけど、、、)

男は女性に尊敬される対象であるべきなんですね。
その方がお互いのためです。

そういう意味で尻にしかれる男に女性は
ドキドキしないし、退屈な感じになってきます。

言い方は悪いかもしれないですが、
「舐められている」ってことですね。

(※結婚している方はまた別です。)

 

繰り返しになりますが、女性は感情的な生き物なので、
「寂しい」と思えば寂しさを埋める行動に出ます。

ボクも過去に【3】の遠距離で彼女に浮気されたことがありますが、
この時はどうにもならなかったので諦めましたね。

 

最初はどうしても復縁したかったのですが、
途中から浮気した女にすがる自分が情けなくなったので
やめました。

「もういいや。もっといい女はたくさんいるだろう」と。
「オレに見る目がなかったんだ」と。

今思うと「すがる」って行為がかなり良くなかったですね。

 

彼女が浮気パターンに入ってしまう原因はたった1つ

今「すがる」という言葉が出てきましたが、そうです。

原因はたった1つ。

男が女性を追いかけ

過ぎてしまっていること

なんです。

 

「追いかける」っていうのは例えば

・好きだと言いまくる。

・褒めまくる。

・メールをいつも自分から送りまくる。

・次回のデートの約束をいつも自分から切り出す。

 

こういう行為のことです。

これたまにやる分には愛情表現になるのでいいのですが、
やりすぎると男性側の立場が弱くなってしまうんです。

常日頃からそういう状態になってませんか?

いいでしょうか。

 

そうすると女性が

「ああ、コイツはもうかなり私に惚れているな」

「じゃあ、私のいうことは大抵聞いてくれるな」

こんな感じで“たかをくくり”始めます。

 

【1】〜【3】やソレ以外のどんな状況にいても
女性を追いかけすぎるのは男女間の均衡が崩れるのであまりよろしくないです。

 

じゃあ、彼女が浮気をしないようにするにはどうしたらいいの?対策はコレ!

答えは簡単です。

失敗パターンの逆をやればいいんです。

 

・「好き」なんてよほどじゃないと言わない

・すぐに褒めない

・メールではそっけないぐらいで
10回に1回ぐらいかわいいスタンプ送る。

こんな感じで
「オレはお前に彼女にベッタリなんだ」
感を出さないことが大切です。

「オレはお前のことが大切だけど、
別にお前がいなくても生きていける」

こんな風に思うといいですよ。

大好きだけど“重要ではない”ってことです。

 

そして、実際にやってほしいことは

【一時的にこちらから追いかけるのをやめる】

という行動がかなり効果があります。

これ普段やっていない人がやると
1回だけでもかなり効果あります。

 

女性からしたら今まで好き好き言っていた男が急に
言ってこなくなるもんだからトーゼン

「あれ?私に飽きたのかな?」って不安になります。

 

恋愛は女性が男を少し追いかけ気味が一番長続きします。

 

【女性になるべく追いかけさせる】

 

ということを意識してみてください。
追いかけさせることができていれば
浮気などの致命的な問題を完全に予防することができますよ。

 

何度もいいますが、
女性は寂しいとか退屈とかを嫌います。
そういう心理が浮気を生むんです。

冒頭で話した通り、人間はないものねだりの生き物ですから
退屈しない人を捜したり、寂しさを埋めてくれる人を探したりするんですね。

 

彼女が浮気をしないための防止策【まとめ】

大好きな彼女に浮気をさせないようにするには

【追いかけさせる動作】が必ず必要になる

 

彼女が好きなほど、ついかわいがりたくなってしまいますが、
あえて突き放す動作もしていくようにしてください。

 

こちらの好意を全部渡してしまうと
好意のバランスが崩れてしまいます。

 

恋愛って自分で関係のバランスを
コントロールする意識が大切ですよ。

では、今日はこの辺で。

ありがとうございました。

-浮気・復縁
-

NEWS!
【裏】女性プロファイリングラボ
開設のお知らせ!

こんなハデに告知しておいてなんですが、
秘密裏に【裏】女性プロファイリングラボ開設しました。

その名も【ザ・ブラックプロファイリングラボ】

登録すると、無料とは思えない
ブラックかつシークレットな内容のメールが
毎日届くことになります。

毎回目が離せないのですが、
特に2日目に届く
【メス×貞操観念=殺人?】と、

4日目に届く
【7+1の“ド”基本】の話だけは、
永久保存版として残しておいてください...。

「え?忙しい?」

オッケーです。

では、せめて案内ページに書いてある
【90%の人が誤解してきた恋愛の大盲点】だけは
チェックしておくことを強くオススメします。

下の画像をクリックすると、案内ページに移動します
本能3

※18歳未満や女性の方の登録はご遠慮ください。

※一定期間公開後、リンクごと削除し二度と登録できなくなるので
興味がある場合はお早めにご登録ください。

関連記事

関連記事はありませんでした


  1. […] ができていれば 浮気などの致命的な問題を完全に予防することができますよ。 引用元-彼女が浮気!?疑う前にやるべき1回で効果が期待出来る防止策とは? | 女性プロファイリングラボ […]

comment

メールアドレスが公開されることはありません。