他人の評価をさりげなく“ヒトリジメ”する方法

うも、ミハラです。

「自分“だけ”職場で評価を上げたい」

「好きな女性の好意を自分“だけ”に向けさせたい」

「なにかと“独り占め”したい」

 

・・・

 

実は人には大きな声では言えないけど考えたことはないですか?

 

もちろん声を大にして言えないですが、僕はあります。

 

でも、これは悪い事でもなんでもなくて、人間なら当然考えることですし、

《自分を評価してもらう》というのはあらゆる場面で重要です。

どんな分野でも周りとの競争は避けられません。

 

世の中バカ正直はダメです。

かといって、大ウソつきはもっとダメです。

心の柔軟性や塩梅が大切になってきます。

 

例えば、

オフィスや学校で気になる女性が最近カゼ気味。

くしゃみが止まらず、なんだかツラそう。

 

くしゃみをするたびに、周りからは「大丈夫?」の声が。

 

しかし、相手に自分を印象づけたいのであれば、

周りに迎合して「大丈夫?」とブチ壊れたラジオのように

繰り返していても意味が無いわけです。

 

いや、意味がないはさすがに言いすぎかもしれないですが、

要はこちらの存在をわかってもらうには『弱い』ということですね。

 

いいでしょうか?

 

そもそも相手がカゼをひいているのは見ればわかります。

大丈夫ではないことぐらい見ればわかるということです。

そこに他の男と同じようにさも心配そうな顔をして、

 

 

「だいじょぶかい…?」

 

 

なんて言ってもそれは、

屁のつっぱりにもならないのです。

女性からしたら「見りゃわかんだろ、オイ」という話です。

 

じゃあ、逆にこういうのはどうでしょう。

 

特に何も言わず「はい、これ使って」とティッシュを渡す。

手元にティッシュがなければ「ツラそうだね、少し休んできたら?」とでもいっておく。

 

これは何をしているかというと

心配することに【プラスα】をつけてるんです。

これをすると「相手にただ返事をする以外の行動を起こさせることができる。」という寸法です。

 

ティッシュを渡されたら鼻をかまざるを得ないし、

休んできたら?大丈夫を言われたら「大丈夫?」と聞かれた時以上の

言葉を返すことになると思います。

 

99%の普通の男たちを差し置いて自分だけ違うアプローチを取る。

これだけで「お、こいつは他の男とはなにか違う、、、」と思わせることができます。

 

 

直接「大丈夫?」と言うのは単なる“言葉”ですが、

ティッシュを渡すは“行動”です。

 

 

言葉は簡単にウソをつけますが

行動は信用度が高いのです。

 

それは《誰でもできることではないから》ですよね。

 

しかも背中で語ることによって恩着せがましさが薄れるので一石二鳥です。

黙ってやればいいんです。

ここでのポイントは「気を使わせない」いうこと。

 

“さりげない優しさ”が相手に自分を印象づけるわけです。

 

「いやいや、ミハラさん、黙ってやっても

相手がこっちの意図に気づいてくれなかったら意味ないでしょ」

と言う声が聞こえてきそうですが、

 

 

ノンノンです。

 

相手が女性の場合は特にですが、

女性の“気づくセンサー”は男性の比じゃあないのです。

 

いつもと違う行動を1ミクロン取っただけでも、

「あれ?なにかあった?」なんて聞かれて、

そこから浮気がバレるなんてこともあったりするわけです。

 

女性は子供の変化(病気とか)に素早く気づくように

元々こういう能力が搭載されているんです。

(男としては「若干迷惑だな…」と思ったりするのはナイショです、苦笑)

 

イヌの耳の近くで大声出すようなもので、

あからさまな「大丈夫?」的態度は女性にとってうるさいわけです。

(好きな人からなら話は別です)

 

 

だから、男側が「これはさすがにさりげなすぎるだろ」

ってぐらいが女性にとってはちょうどいいんです。

 

ただこれをするには、常に「相手はなにをしたら喜ぶかな?」

と考えることが大事になってきます。

 

思いついたらすぐ動けるように心を柔軟にしておくことが大切になってきます。

「じゃあ、まずもってなにをすればいいんだよ」という話になってきますよね。

 

オーケーです。

 

では、2ステップで説明しようと思います。

相手に好印象をあたえる2つのステップは

 

【ステップ1】相手の喜ぶことはなにか常に考える

【ステップ2】直接的にならないようにあくまで“さりげなく”やる

 

ステップ1は最初は少しでもいいので意識してみてください。

まずはできなくても考えることが大切です。

 

で、

 

問題はステップ2。これはちょっと難しいかもしれないですが、

さっきも言ったようにポイントは“相手に気を使わせないこと”です。

「密かにニヤニヤ喜んでもらおう」というマインドでいきましょう。

 

あと人によっては「いきなり女性にやるのが心配だなー」って人もいると思います。

そういう方は上司や先輩を練習台にしてもいいと思います。

 

このやり方は男女問わないので男性相手にやるのは

かなりいい練習になると思います。

 

やられたら誰でもうれしいものです。

もれなく職場で人気者になるのでやってみましょう。

 

上司がコピーを取ろうとしていたら、

「私が取りましょうか?」というとか

 

先輩が「◯◯に行く」といえば、

「サッ!」とスマホを出してグーグルマップを光の速さで起動させ、

経路検索をして見せてあげるでもいいでしょう。

 

こうやって柔軟に対応できるようにしておけば

おのずと周りの評価は上がり

職場に好きな人がいるならその人に回り回って噂が届くでしょう。

 

 

最初はやりなれないでしょうが、

まずはちょっとでもやってみることが大切です。

 

いきなり大きく行動すると痛い目を見ます。

「これなら失敗しても大丈夫だろう」という

レベルからスタートさせていくのがいいと思います。

 

頑張っていきましょう。

では、今回はこれで。

ありがとうございました。

 

NEWS!
【裏】女性プロファイリングラボ
開設のお知らせ!

こんなハデに告知しておいてなんですが、
秘密裏に【裏】女性プロファイリングラボ開設しました。

その名も【ザ・ブラックプロファイリングラボ】

登録すると、無料とは思えない
ブラックかつシークレットな内容のメールが
毎日届くことになります。

毎回目が離せないのですが、
特に2日目に届く
【メス×貞操観念=殺人?】と、

4日目に届く
【7+1の“ド”基本】の話だけは、
永久保存版として残しておいてください...。

「え?忙しい?」

オッケーです。

では、せめて案内ページに書いてある
【90%の人が誤解してきた恋愛の大盲点】だけは
チェックしておくことを強くオススメします。

下の画像をクリックすると、案内ページに移動します
本能3

※18歳未満や女性の方の登録はご遠慮ください。

※一定期間公開後、リンクごと削除し二度と登録できなくなるので
興味がある場合はお早めにご登録ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。