女性が本気で嫌いになる男の特徴《1》相談に対して意見を言ってしまう

eye-517561_640

うも、ミハラです。

 

今日は嫌われる男の特徴です。

女性とコミュニケーションを取る時に意識して欲しいのは

とにかく“圏外にフッ飛ばされないこと”なんですね。

 

「ああ、このオトコないわぁ」と思われてしまっては、

デートもクソのないわけです。

 

「ああ、こいつもう会いたくないわぁ」と思われてしまっては、

セックスもクソもないわけです。

 

そうならないためにはあらゆるマイナスポイントを

無くしておくことが重要になります。

 

今日はその第一弾です。

 

例えば、

「なんか、会社の上司がセクハラまがいのことしてくるんだけどさー」

「ホントウザいんだよねー」

みたいことを言ってくる女性がいたとしますよね。

 

ここで多くの男性がやってしまいがちなのは

「それなら上司にちゃんと伝えるべきだ」

「それが無理なら他の誰かに相談して言ってもらうとかした方がいい」

とかって言ってしまうんですね。

 

「イヤイヤ、別に普通じゃないか」と思ったかもしれませんね。

そういう男性は要注意です。

 

一見親切に見えるのですが、女性はこういうアドバイスは求めてないんですね。

 

これは女性に限ったことではなのですが、

人は誰かに相談するとき自分の答えがもうすでにあったりします。

相談する前に自分の中で答えが出ていたりするんですね。

 

それを後押しして欲しくて、

「大丈夫だよ」って言ってほしくて

人に相談するんです。

 

「告白したいんだけど、どうしたらいいかなぁ」とかって

相談されたことないですか?

これはもう言わずもがな告白したい状態ですよね。

相談するまでもなく、もう告白したいんです、この人は。

 

「ミハラさん、そんなの当たり前じゃないか」

って感じだとは思いますが、相談してくる人って

こういう風に聞いてくるんですよ、実際。

 

じゃあ、告白すればいいじゃんと言いたいところですが、

生憎相手はそういう答えは欲してないことが予想されます。

 

「告白したいんだけど」→「じゃあ、告白すればいいじゃん」

ってことなんでしょうけど、それだと相談した方はなんだか

消化不良になります。

 

 これが女性の場合特に顕著です。

女性はとにかく共感してもらいたい生き物なんです。

 

多くの男性が「こうした方がいいぞ!」とアドバイスしてしまうんですね。

もちろんよかれと思ってやっているのですが、残念ながら女性はそれを求めていません。

 

女性が求めているのは共感です。

 

ボクらがすることはよりクオリティの高い共感を女性に示すことです。

 

なので、アドバイスではなく、

相手の話を聞いて共感してあげてください。

そして、簡単でいいので質問するんです。

 

・普段なにして遊んでいるのか

・友達はどんな人なのか

・元カレはどんな人なのか

 

なんでもいいです。

 

そして、ここ注意深く聞いて欲しいのですが、

「事実だけに反応して終わるな」ということ。

 

なんのこっちゃわからないと思うので、

今から説明するのですが、例えば、

 

「普段なにしてるの?」

「友達と映画に言ったりするね」

「そうなんだ」「何見たの?」

「それはね、、、」

 

・・・

 

こういう流れ悪くはないのですが、共感が全く入ってないですよね。

あったことだけに反応していては会話が終わってしまうので、

新情報を追加してあげないといけません。

 

新情報=自分の感覚です。

 

「わかるわー!その感じ」

「いやいや、それはありえない」

「なにそれ、メッチャ欲しい」

etc…

 

こうやって共感してあげることです。

感情を共有するんです。

 

 女性はひたすら喋りたい生き物なので、

こっちがあらかじめネタを用意しておいて、

相手の話したいことを質問するとたくさんしゃべってくれます。

 

ボクはしゃべるのがめんどうな時はこうしています、苦笑。

 

そうすると最終的に女性の感覚では

「あの人なんだかしゃべりやすい人だったな」となります。

結果、好かれます。

 

だから、アドバイスじゃなくて、共感することが大事なんです。

女性が本気で嫌いになる男の特徴《1》相談に対して意見を言ってしまう【まとめ】

・女性にはアドバイスではなく共感してあげること。

・会話では自分から新情報を提供して、感情を共有すること。

 

覚えておいてください。

では、また。

 

ありがとうございました。

 

 

NEWS!
【裏】女性プロファイリングラボ
開設のお知らせ!

こんなハデに告知しておいてなんですが、
秘密裏に【裏】女性プロファイリングラボ開設しました。

その名も【ザ・ブラックプロファイリングラボ】

登録すると、無料とは思えない
ブラックかつシークレットな内容のメールが
毎日届くことになります。

毎回目が離せないのですが、
特に2日目に届く
【メス×貞操観念=殺人?】と、

4日目に届く
【7+1の“ド”基本】の話だけは、
永久保存版として残しておいてください...。

「え?忙しい?」

オッケーです。

では、せめて案内ページに書いてある
【90%の人が誤解してきた恋愛の大盲点】だけは
チェックしておくことを強くオススメします。

下の画像をクリックすると、案内ページに移動します
本能3

※18歳未満や女性の方の登録はご遠慮ください。

※一定期間公開後、リンクごと削除し二度と登録できなくなるので
興味がある場合はお早めにご登録ください。

1 個のコメント

  • ミハラさん

    こんにちは、菅野といいます。
    共感について質問なのですが
    例えば今回の映画の例の場合、どのように共感する言葉を出せば良いでしょうか?同じような趣味の場合、
    「映画見てるの」
    「あ、俺も映画よく見る!映画いいよね!最近のはどんなの見たの?」
    とか返せると思うのですが

    もし趣味が違う場合
    「んー、映画はあまり見ないなぁ…」
    とか例の通りの「ふーん。どんなの観るの?」とかしか返せない気がします。

    もしよろしければ模範解答を教えていただけませんか?よろしくお願いします。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>